フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【ラジオNIKKEI賞2015】最終追い切りタイムと5段階評価

2015/7/3/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

こんばんは、今日はラジオNIKKEI賞の最終追い切りタイムと5段階評価について書いていきたいと思います。

3歳の重賞レースで、ハンデ戦です。アッシュゴールドやアンビシャスと言った面々が出走してきました。

しっかりと最終追い切り等を見て、的中を目指したいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アッシュゴールド【B】

7月1日(水)栗東 CW(不良)【4F55.5-39.9-1F12.1】

2頭併せ内末強め1馬身半先着。ゴール後も追われる意欲的な内容でした。ただ、休養明けということもあってか、若干硬さが見受けられる追い切りにも感じます。

アンビシャス【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【53.4-38.5-24.9-12.5】

2頭併せ強め1馬身先着。馬体を併せて残り1Fを切ったところでスパート。反応よく伸びた印象です。重賞でも好走経験がある1頭だけに軽視するには危険な動きと言えるでしょう。好走に期待したいです。

キャンベルジュニア【C】

7月2日(木)美浦 南W(重)【4F55.8-41.0-1F13.4】

2頭併せ外馬なり併入。併せた相手(レアリスタ)は掛るほど抑えられた状態でした。時計も平凡で、このメンバーでどこまでという印象も。

グランアルマダ【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.8-39.4-25.3-12.4】

単走末強め。状態はさほど変化がないように感じます。時計自体は前走の方がよかったですが、不良馬場だったことを考慮すれば、大した差とまでは言わないと思います。

グリュイエール【B】

7月1日(水)栗東 CW(不良)【5F66.2-51.9-37.9-1F12.4】

2頭併せ末強め併入。外に違う併せ馬3頭がいて、コース真ん中を走ってのタイムで、その点を考慮すればこのタイムも良かった程度。重賞でも前と差がないレースをしていた1頭。前走使われた強みも。

ストリートキャップ【B】

7月1日(水)美浦 南W(重)【5F68.0-53.8-39.6-1F13.0】

2頭併せ外末強め併入。ゴール後に鞭が入る内容でした。動き自体はとてもよかったと思います。

ストレンジクォーク【B】

7月1日(水)美浦 南P(良)【5F65.6-50.0-36.7-1F11.8】

2頭併せ外末強め1馬身先着。どちらかというと内に寄った中で行われているので、上のタイムもどこまで信憑性かあるのかという感じですが、残り1Fで促されるとすかさず反応する動きを見せました。青葉賞の時は坂路での追い切りでA評価でしたが、引き続き状態はいいのではないかと見ています。

ナヴィオン【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.3-39.2-25.6-12.9】

2頭併せ馬なり1馬身先着。最後は僅かながらラップを落とすのですが、好走時はなんとか持ち堪えているので、0.2秒ではありますが、やや疑って見ても良さそう。ただ、今回は不良馬場で力のいる坂路だったということを差し引けば、そこまで気にしなくていい時計なのかもしれません。

ブランドベルグ【B】

7月1日(水)栗東 坂路(不良)【54.5-39.5-25.2-12.6】

単走馬なり。ゆったりと走っていたので、時計はどうなんだろうかと思いましたが、案外出ていたので、それだけ調子がいいということなのかもしれませんね。

ホワイトウインド【C】

7月1日(水)美浦 南P(良)【5F77.4-61.2-46.0-1F15.9】

単走馬なり。坂路をキャンターで消化した後、南Pでの追い切り。こちらもキャンターに近い形で評価に迷うところ。

マイネルシュバリエ【B】

7月1日(水)美浦 南P(良)【67.0-52.5-39.0-1F12.5】

単走馬なり。外ラチ一杯のところを疾走したという感じですね。追えばもう少し時計が出ているだろうと思うような走りで好感が持てます。

マルターズアポジー【A】

7月1日(水)美浦 南W(重)【5F69.1-52.9-38.8-1F12.8】

3頭併せ外末強め1馬身半先着。相手は一杯に追われる中で、外をグングンと伸びる内容でした。好感が持てる走りで、状態はいいように感じます。前走大敗していますが、その時よりかは良さそうです。

レアリスタ【B】

7月2日(木)美浦 南W(重)【4F55.8-41.0-1F13.4】

2頭併せ内馬なり併入。掛かりながらの追い切りで、気性の荒さが出てしまったという感じでした。時計も平凡ですが、抑えなければ時計は出ていたと思います。キャンベルジュニアを行かせたかったということでしょうか。

ロジチャリス【A】

7月1日(水)美浦 南W(重)【4F52.1-37.8-1F12.3】

3頭併せ末強め1馬身先着。状態は良いですね。前走は条件戦を制し叩かれた上積みもありますし、斤量も相変わらずですので、好走に期待が持てる1頭です。

寸評

A評価を付けたのはマルターズアポジーロジチャリスの2頭でした。B評価の中でも、アンビシャスストレンジクォークの2頭は追い切りからは良かった2頭じゃないかなと思います。

その次にグリュイエールとマイネルシュバリエ辺りも調子が良さそうだと伺えます。

レアリスタは評価を迷うところですが、掛かり癖がなければいいのかなという感じですね。ただ、楽に前に行ければ、時計は出せそうな気がします。自分との戦いなんじゃないかなと思いました。

今回の追い切りで良かったと感じたのはA.人気ブログランキング

前走使われたことで、状態は更に良さそうと判断。これまで戦ってきたメンバーが疑問も、好走続けていた1頭。重賞初挑戦でいきなりも。

以上、ラジオNIKKEI賞の追い切りと5段階評価でした。

■■■【 高松宮記念 】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年は決して混戦ではありません!不動の軸を無料公開します!
関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7割以上で的中実績が残せるワケ】
1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【無料!】高松宮記念『3連単勝負馬券』はコチラ

-追い切り情報

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。