フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから


follow us in feedly

【有馬記念 2014】特選最終追い切り一覧 No.2

2014/12/25/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。
分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

2017年3月より、記事を細分化せずにまとめて更新していくスタイルへと変更しています。
例えば「日本ダービー」について書くならば、週初めに出走予定馬を更新し、その後最終追い切りなどを1つの記事に追記して更新を行っています。

おはようございます、今日は昨日更新した【有馬記念 2014】特選最終追い切り一覧No.1に引き続き後半のNo.2を書いていこうと思います。

尚、1週前の有力馬の追い切りは【有馬記念 2014】1週前追い切りの評価|ヴィル・ジャスタ・トゥザ○にて記載しています。そちらと見比べながら見られるといいかもしれません。

YouTubeを見ていると、有馬記念の追い切り動画がありましたので、紹介しておきます。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。

デニムアンドルビー【B】

12月24日(水)栗東CW(良)【6F87.4-70.2-55.1-40.2-1F12.0】

3頭併せの中を進み、馬なりクビ差先着。ゴール過ぎても止めることなく勢いそのまま延長。

動きはいいものの、上積みという部分で言えば平行線という印象です。

トゥザワールド【A】

12月24日(水)栗東CW(良)【6F82.6-66.8-52.7-38.5-1F11.8】

2頭併せ、鋭く伸びて5馬身先着。クラージュドール(4歳)を3馬身程先行させた後、直線で内へ入り鋭く豪快に伸びた印象です。追われてからの反応が良く、かなりよくなっていると見ていいでしょう。

トーセンラー【A】

12月24日(水)栗東坂路(良)【53.6-38.2-24.5-12.4】

2頭併せ1馬身先着。残り1Fでヘミングウェイ(4歳)を突き放す内容。しっかりと終われていて、攻めている印象です。ただ、武豊騎手のコメントが「2500mなのでコースでやるのかと思ったけど、坂路でした。」という部分が妙に引っかかります。

フェノーメノ【B】

12月24日(水)美浦南W(良)【6F83.8-67.1-531-39.1-1F13.1】

単走追い切り。時計は地味でもラスト1Fはいい頃のフェノーメノを見ているような印象です。ただ、やはり時計が地味すぎるので、状態は維持している程度でよろしいかと思います。

メイショウマンボ【B】

12月24日(水)栗東坂路(良)【56.0-39.8-25.5-12.8】

単走追い切り。体全体を使って動けてはいるものの、時計自体は地味。輸送を考慮して軽めの追い切りで終わりました。1週前に強めに追い切られているとは言え、やや不安の方が大きい追い切りに見えます。

ラキシス【B】

12月24日(水)栗東坂路(良)【54.5-39.7-25.3-12.6】

2頭併せ先着。1馬身先着も寮馬は2歳のケースバイケースで、追われてから加速に時間がかかった分時計もあまり伸びなかった印象も、輸送を考慮すればこのくらいが妥当なところでしょうか。

ラストインパクト【B】

12月24日(水)栗東CW(良)【83.7-67.8-52.3-38.2-1F12.1】

単走追い切り。良くも悪くも前走の状態を維持している程度で、前走からの上積みは感じません。ただ、ラスト1F促されると躍動感溢れる走りでした。

ワンアンドオンリー【A】

12月24日(水)栗東坂路(良)【54.2-39.2-25.7-13.0】

ホープフルSの有力馬ダノンメジャーとの2頭併せ1馬身先着。時計は地味でも瞬発力で突き放した印象です。ただ、調教師コメントでダノンメジャーが先着する予定だったということで、ワンアンドオンリーは状態は良さそうでも、ダノンメジャーは狙い難いとも言えるでしょう。

No.2短評

No.1に有力馬があるせいか、動きがどうしても地味に見えてしまうのですが、トーセンラーの動きはよかったと感じました。逆にメイショウマンボラキシスの牝馬2頭は、輸送を考慮してもやや不安が残る追い切りのように感じました。

追い切り寸評

【有馬記念 2014】特選最終追い切り一覧 No.1もご確認ください。

まず、気になったのが、栗東坂路組

坂路で追い切りを行ったのはゴールドシップ【52.1-12.8】・ジェンティルドンナ【54.5-13.3】・ジャスタウェイ【54.9-12.9】・トーセンラー【53.6-12.4】・メイショウマンボ【56.0-12.8】・ラキシス【54.5-12.6】・ワンアンドオンリー【54.2-13.0】とラスト1Fの時計の伸びが乏しいこと。全体の時計も遅く感じますが、24日の1番時計はミッキーアイルの【50.5-37.8-25.4-13.1】というタイムで、あとすべての坂路で追い切った馬が4F52秒台とやや時計が掛かる馬場だったことが推測できます。

それはラスト1Fにも表れていて、ホッコータルマエが【56.0-40.5-25.3-12.2】で、この12.2秒が最速ラップでした。ホッコータルマエの全体時計が56.0秒。他にも2頭12.3秒を出した内の1頭ヤマニンドールは全体が56.9秒、もう1頭レゼトワールは全体57.3秒と入りのラップが15秒台後半から入って、残り2F辺りから加速するラップを刻まないと最後が寂しく映ってしまいます。

この辺りを考慮するに、S評価をつけたゴールドシップは勿論ですが

よく見えるのはC.人気ブログランキング(59位辺り)

時計より状態面で見ても良さそうで、人気を落としそうなら積極的に狙いたい1頭です。

1週前情報は【有馬記念 2014】1週前追い切りの評価|ヴィル・ジャスタ・トゥザ○から。

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設
創業36年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン

100名限定 特別無料配信
鉄板3点勝負
高松宮記念・ドバイワールドC

2鞍共に激走必至の穴馬が存在
50倍も狙える3点!

■直近の的中買い目
3/12 中山6R  1万7430円的中
3/11 中京11R 5万6390円的中
3/11 中山6R  2万7940円的中
3/5  中山6R  2万9350円的中
3/5  小倉7R  2万0960円的中

▼2鞍の3点勝負を見る方法!▼

お申し込みはこちらから

-追い切り情報

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。